香典の包み方。紫色のふくさを選ぶと一石二鳥でお得な理由も説明

香典を包むふくさの画像

香典の包み方について、要点をおさえたシンプルな説明をします。

香典を包む時の、ふくさの色、ふくさの折りたたみ方、受付けでの香典の渡し方、ふくさの売っている場所、買い物時のお得な情報など、本記事では掲載しております。

時間のない方は、目次からお好きな項目だけお読み下さい。

 

ふくさのマナー

お通夜・お葬式などの弔事の際、用意した香典袋(不祝儀袋・ぶしゅうぎぶくろ)を、むきだしの裸のまま、受付けで渡すのはマナー違反なので、注意しましょう。

香典はあらかじめ、ふくさに包んでおき、受付けで渡す際に、ふくさから香典袋を取り出し、香典袋に書かれた表書きを、受付けの相手方に向けて、渡すのが正しい方法です。

ふくさの色

葬儀で使うふくさの色は、重要なポイントです。
ふくさは、弔事以外のおめでたい席でも使用します。

おめでたい席で使うふくさは、赤系統の明るい色。

 

お通夜・葬式・法要などの弔事で使うふくさの色は、

  紺色
  グレー
 

などの寒色系、地味な色と覚えておきましょう。

紫色のふくさは一石二鳥でお得

紫のふくさは、お通夜・お葬式などの弔事でも使えますし、おめでたい席でも使用できます。

お買い物時の費用を節約されたい方は、弔事も慶事も両方つかえてお得な、紫色のふくさの購入をおすすめします。

 

ふくさの折りたたみ方

細かい部分まで、気を遣うことが、葬儀のマナーとしては大切です。

ふくさの折りたたみ方は、お通夜・お葬式の弔事の時と、おめでたい席とでは、順番が違います。

おめでたい席では、最後の折り順は、ふくさの右側が上になります。
お通夜・葬式では、最後の折り順は、ふくさの左側が上になります。

お通夜・葬式 ふくさを折る順番

香典をふくさで包む画像①

① 正方形のふくさを斜めにずらし、表書きを上にした香典を、中央からやや右寄りに置く

 

香典袋を袱紗で包む画像
② 右側を最初にかぶせて、下側を二番目に折る

香典袋の包み方の画像
③ 上側を折り返す

不祝儀袋の包み方とふくさの画像
④ 最後に、ふくさの左側をかぶせて裏側にまわす

 

 

ふくさの売っている場所

ふくさは、どこで購入できるのでしょうか?

ふくさは、今はインターネットなどの通販でも購入できますが、街中だと、仏具を扱っている仏壇店や、青木などの紳士服店でもお買い求めいただけます。

まとめ

 

・香典袋を裸のまま渡すのはマナー違反

・葬儀で使うふくさの色は、紺、グレーなどの寒色系

・紫色のふくさは、弔事も慶事も両方つかえてお得

・ふくの折りたたみの順番は、弔事と慶事で違う

スポンサーリンク