これでアナタも達人!お通夜・お葬式の服装。ネクタイの色の注意点

一般参列者は、お通夜とお葬式でネクタイの色が違ってもOK

お通夜や葬儀(お葬式)に参列する際、ネクタイの色などマナーについて気になるのは、故人の霊を弔うおごそこな場で、礼を失する事があってはならない気持ちからくるものだと思います。

お通夜の洋装喪服の場合は、基本的に……

ネクタイの色は、「黒」 と覚えておけば間違いありません。

葬儀サイト お参りしかし昔から、故人の訃報には着の身着のままの格好でも、急いで駆けつけるのが礼儀とされてきました。
ですのでお通夜に参列する男性の場合、仕事帰りのスーツのまま、ネクタイは黒でなくて、普段から着用している色でも構いません。更に言えば、作業着でも大丈夫ですので、ネクタイを必ず身に着けている必要はありません。

お通夜・お葬式で身に付けるネクタイの注意点

お通夜で参列者の方がネクタイを身に着ける場合、派手な色はやはり避けるべきです。
ネクタイピン等のきらびやかな装飾品も、お通夜の会場へ入る前に必ず外しておきましょう。

お通夜とお葬式のネクタイの色

〈お通夜〉

お通夜に参列する一般の方のネクタイ ⇒ 黒色でも良いし、黒色でなくても良い(派手な色は避ける)。作業着などの場合はネクタイを着用していなくてもOK。

遺族・近親者のネクタイ ⇒ 黒色

 

〈葬儀(お葬式)〉

葬儀(お葬式)に参列する一般の方のネクタイ ⇒ 黒色

遺族・近親者のネクタイ ⇒ 黒色

 
急なお通夜に備え、ネクタイの準備をしましょう

黄色やピンクなど派手な色のネクタイを身に着ける事が多い方は、普段から荷物バックやカバンの中に、黒色のネクタイを一本入れておくと良いでしょう。
急に知人のお通夜に参列する場合も、ネクタイの備えがあれば慌てる事はありません。
今回は、お通夜・お葬式の服装に関して、ネクタイを取り上げました。

 

スポンサーリンク