お通夜・葬儀(お葬式)の段取り・当日の流れ 〈其の一〉

093837

家族の突然の死に際して。葬儀までの段取り・当日の流れを把握する

人は平均寿命より長生きの方から、順番に亡くなるものではありません。働き盛りの方が急に一晩で亡くなられる事も多々あります。残された家族の戸惑いは計り知れませんが、お通夜・葬儀(お葬式)・法要をどのように行えばよいのか、流れをしっかり把握しましょう。
そして時間がない中でも粛々と、決めるべき事を決断して実行していく必要があります。下記の流れは仏式を例としているのでご注意ください。

お通夜・葬儀(お葬式)までの段取り・当日の流れ

〈其の一〉
①死亡診断書を書いてもらう
②葬儀屋(葬祭場)へ連絡。遺体は葬儀屋が用意する薄手の専用布団などに寝かされる。その後、しかるべき部屋に遺体と布団を安置してもらう。
死亡届けを自治体へ提出する。
※葬儀屋へ頼む場合、慌ただしい遺族に代わって、死亡届けの提出を代行してくれる

③(仏教の場合)門徒の寺院に連絡して、枕づとめのお経をあげてもらう
④予算に応じて、お通夜・葬儀(お葬式)の形式を決める

〈其の二〉
⑤亡くなった事を、親戚や伝えるべき近親者へ伝える
⑥各新聞社から故人の訃報を紙面に掲載するに当たり確認のTELがある
⑦お通夜・葬儀を行う場合、葬儀屋(葬儀社)の担当者と打ち合わせる
⑧お通夜・葬儀(お葬式)の受付け・お手伝いをご近所の方へお願いする
お通夜が開始される数時間前に、葬儀屋によって遺体が納棺される

〈其の三〉
⑨お通夜
    ※火葬式(直葬)の場合は行われません。

〈其の四〉
⑩葬儀(お葬式)。
    ※火葬式(直葬)の場合は行われません。

  火葬~火葬後のお骨拾い。初七日法要。
    ※地域、仏門によって違います

①死亡診断書を書いてもらう(救急車を呼ぶ際の注意点)

葬儀サイト 診断書ご家族が自宅で突然に倒れた場合、通常は救急車を呼ばれると思います。しかし救急車が到着しても、倒れた方が呼吸していない場合は搬送してもらえません。

その場合、かかりつけの医師に死亡診断書を書いてもらいます。掛かりつけのお医者様なら、夜中に連絡しても構わないでしょう。葬儀までの流れは最初が肝心です。

②葬儀屋(葬祭場)へ連絡。遺体を安置してもらう

身内の方が亡くなられた場所が自宅でも病院でも、連絡すれば直ぐに葬儀屋(葬儀社)は来てくれます。スムーズな段取り・流れの為にも真夜中であれ早朝であれ、時間帯を気にする必要はありません。

墓地・埋葬等に関する法律に基づき、遺体は死亡診断書に書かれた死亡時刻から、24時間が経過しないと火葬は出来ません。家族葬など少人数で故人を見送ったり、葬儀を行わない方であっても、火葬されるまでの間、遺体を納めておく棺の手配で、葬儀屋(葬儀社)を頼む事は多いようです。

尚、死亡届けの提出も葬儀屋が代行してくれますが、告別式を終えてから渡される葬儀屋の請求書には、「死亡届け」の項目が記載されているのが普通です。自分で死亡届けを提出する場合でも代行でも、自治体の窓口では、新聞のお悔やみ欄に故人の訃報を掲載してよいかどうか、遺族の意思を確認される事を覚えておきましょう。

③枕づとめのお経をあげてもらう

葬儀サイト 数珠仏教の場合は、門徒の寺院へ連絡して、枕づとめのお経をあげてもらう事もお通夜に向けての大切な流れとなります。
寺院への連絡は葬儀屋は行ってくれませんので、遺族の方が連絡しましょう。「〇〇が亡くなりましたので、お経をお願いします」と伝えれば、お坊様もやって来て頂けます。

宗派によって変わりますが、通常のお通夜~葬儀(お葬式)を行う場合、お寺様によるお経は、1:枕づとめ(遺体は布団等の上にある状態)、2:納棺された直後、3:お通夜、4:お葬式、5:火葬する前、6:火葬してからお骨上げの時、7:初七日法要…と、合計7回を数えます。宗派や地域によっては、(6)と(7)を同じ日に行い、お経も一回で兼ねる場合もあります。

お寺様へのお布施(お礼)は、上に挙げた複数回のお経を同じ一人のお坊様が読まれるとして、一回だけ渡す場合が多いようです。お布施するタイミングは、(4)お葬式のお経後、控室に戻られたお坊様の元へ喪主が挨拶とかねて、包みを持っていく形が適当でしょう。お布施(お礼)の相場は、50万円と言われていますが、管理人夫婦が実際に渡したお布施は10万円ほどです。

尚、お葬式時のみ、別のお坊様も一緒に読経しに来られる場合もありますが、お布施は人数分を用意します。

④予算に応じて、お通夜・葬儀(お葬式)の形式を決める

葬儀の段取り・当日の流れ〈其の二〉でも記述しますが、故人の訃報について新聞紙面への掲載を了承した場合、朝刊のお悔やみ欄を見た方々が弔問客としてお通夜や葬儀に訪れます。

故人が生前から何人くらいの方と交流されていたか分かれば、おおよその弔問客の見込み数と香典額を割り出せるでしょう。普通はお通夜・葬儀を終えた翌日以降に請求される事の多い葬儀費用の支払いを、頂いた香典からまかない、足りない分は実費で補います。

お通夜・葬儀(お葬式)をどのように執り行うか決めるに当たり、考えなければいけない事柄や、判断の材料を以下に挙げてみます。
葬儀の段取りや流れで慌てないよう、ご参考ください。

●故人が生前、どんな葬儀にしてほしいと話していたか
●A:通常の葬儀、B:小規模な葬儀(密葬・家族葬など)、C:お通夜・葬儀を執り行わず火葬のみ(直葬・火葬式)
●A・Bの場合、見込んだ弔問客や親類縁者を招くことが可能なスペース。
   ⇒自宅か、葬祭場か、お寺か
●予算。
   ⇒葬儀費用の支払いは現金一括で求められる事が多いですが、クレジットカードやローンでの分割払いが可能な葬儀屋もあります。
●死亡診断書に記載された死亡時刻から、何日後にお通夜を執り行うか
 ⇒お通夜を行う日を決めるのは、ご遺族です。新聞の死亡欄を見られる時間が長い程、より多くの弔問客と香典額が集まると通常は考えられます。


スポンサーリンク


関連記事

【管理人】

葬儀の取り扱いやお世話など30年の経験を持つ夫妻です

身内の葬儀の執り行いや、ご近所のお手伝など30年の経験を持つ夫妻です。主に仏式のお通夜・葬儀(お葬式)で得た知識や情報を広くお伝えしていければと思っております。
ページ上部へ戻る