お通夜・お葬式の費用。お布施の相場はどれくらい?

お布施の相場と、実際に地域で渡されているお布施の額

仏式の葬儀(お葬式)において、お坊様へお渡しするお布施の額ほど頭を悩ませる物はありません。
お布施額は、いくらと決められている物ではないですから、巷のお布施額について費用の相場を参考にされたい方も多いのではないでしょうか?

一般的にお坊様へお渡しするお布施の相場は、全国平均で50~60万円と言われています。
実際に私ども管理人夫婦の知人の中でも、お寺から100万円近いお布施を請求された方もいらっしゃいます。

ですが私どもサイトの管理人夫婦が執り行ってきた葬儀に関して、お坊様一人当たりにお渡ししたお布施額は、10万円ほどです。

10万円は、下記のお経を①~⑦全て合わせたお布施分です。

①故人が亡くなった後すぐに行われる枕づとめのお経
②納棺後のお経
③お通夜のお経
④葬儀(お葬式)のお経  ⇒ 管理人がお布施を渡したのは葬儀のお経の後、この一回だけ
⑤火葬前のお経
⑥火葬後。お骨上げ時のお経
⑦初七日法要のお経(私どもは火葬の後、同日に行いました)

※④の葬儀(お葬式)の時にだけ、別にお付きのお坊様が読経しに来られる場合もありますので、①~⑦まで通してお経をあげて頂ける主格のお坊様とは別に、お付きのお坊様に一人当たり5~8万円ほどのお布施をお渡しした事もあります。

10万円…世間で言われているお布施の相場と比べて、余りに安すぎるとお感じになるでしょうか。

私ども管理人夫妻は、お布施をお渡しする上で重要なのは、「適切な情報を知ること」、だと考えております。
よく門徒のお寺のお坊様に直接、お布施についてお伺いするようお勧めしている方がいますが如何でしょうか。

適切な情報を知る上で、私どもは「同じ宗派の門徒の方に情報を聞くこと」を、おすすめします。

お通夜・お葬式で渡すお布施の注意点

●宗派や地域によって、お布施額は変わる
⇒香典額が低い地域では、お坊様にお渡しするお布施も低い傾向にあるようです。

●日頃から、同じ門徒の方に話を聞いて、お布施額の情報をつかんでおく

●自分が門徒になっている宗派では、お坊様へのお布施をどんな形で支払うのか知っておく
⇒葬儀(お葬式)の時に渡すのか、後日になってお寺から請求書が届くのか…実はお布施の渡し方も寺院によって違ったりします。

得られた情報から、実際にお渡ししなければならないお布施が高額になると分かり、葬儀のご予算をオーバーするのが心配であるなら葬儀の規模を小さくする判断もあって然るべきだと思います。
大切な事は遺族が安らかな気持ちで故人をお見送りする事だと、長年の経験から管理人夫妻は考えるからです。お布施の相場は、あくまでも相場です。
最終的に、お渡しするお布施の額を決めるのは、他ならぬ自分自身である事を頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク