お通夜・お葬式のマナー。遅刻したらどうする!?

お葬式に遅刻するのは、マナー違反ですが、やむを得ない事情などがあって、お葬式に遅刻する場合もあるかもしれません。今回はお葬式に遅刻した場合の、対応方法について説明させて頂きます。

お通夜・お葬式では「時間厳守」が基本マナー

お通夜と違って、お葬式は「〇〇時より」と、開催時間が決められているのが普通です。
お葬式には遅刻しないよう、前もって、30分以上前に会場に到着するように心がけましょう。

 

お通夜・お葬式で遅刻した時の対応例

ですが、どうしてもお葬式に遅刻してしまったら、静かに会場の後ろの方から、そっと入室すると良いでしょう。
仏式のお葬式に限って言えば、お坊様がお経を読んでおられる最中であれば、お葬式へ遅刻した場合の入室もあまり目立たないと思います。

私ども管理人夫婦も、数多く他の方のお葬式に出席してきましたが、お葬式に遅刻した経験もあります。
その場合、自分から遅刻した理由について、ご遺族の方に詳しく説明したりはしませんでした。

お葬式に遅刻した時の、ご遺族へのお悔やみを伝えるタイミングについて心配されている方もおられるでしょう。
その場合は、お葬式の帰り際に、短くお悔やみの言葉を掛けると良いと思われます。

 

以上、簡単ではございますが、お葬式に遅刻した場合の対応について説明させて頂きました。
何事も、あらかじめ対応方法を想定しておけば、慌てる必要はありません。

スポンサーリンク