【 覚えやすい文例アリ 】ご遺族へかけるお悔やみの言葉

お通夜やお葬式の席で、ご遺族の方にお悔やみを述べる時に、どんな言葉を掛けて良いか、お困りになる事もあるかと思います。

ご遺族へお悔やみの言葉を伝える時の文例、注意点、忌み言葉について、分かりやすくまとめましたので早速、どうぞ。

 

お悔やみの言葉の文例

  • 「 この度は残念な事でした。心よりお悔やみ申し上げます 」

  • 「 どうぞ、お力落としのございませんように 」

  • 「 大変、残念に想います。謹んでご冥福をお祈り申し上げます 」

など、簡潔な言葉を心がけましょう。

 

お悔やみの言葉を掛ける時の注意点

お通夜やお葬式の席で、ご遺族の方を見つけた時に、立ち止まって話し込んだり、故人の死因について根掘り葉掘り聞くような事は、避けるべきです。

ご遺族が、どれほど悲しみに打ちひしがれているか…心情を思い遣り、出来るだけ手短に、お悔やみの言葉を伝えることを心がけましょう。

どうしてもご遺族へ掛けるべき言葉が出てこない時は、目礼だけでも構いません。

忌み言葉を避けよう

私たちが普段つかっている日常会話の中には、お通夜・お葬式の席で使うと、縁起が良くないとされる言葉があります。

お通夜・お葬式の席で避ける言葉のことを、忌み言葉(いみことば)と呼びます。

葬儀の挨拶では、忌み言葉を使わないよう注意しましょう。

忌み言葉の代表例

死が重なることを連想させる重ね言葉

重ね重ね
かえすがえす

いよいよ

直接的な言葉

死ぬ
死去

縁起の悪いことをイメージさせる言葉

つづく

…など

スポンサーリンク