【Q】供物を贈った場合、香典は渡しますか? 答えは…コチラ↓

204578

【Q】供物を贈った場合、香典は渡しますか?

このような疑問をお持ちの方は、世の中にはいらっしゃると思います。また、供物を贈った上で、香典もお渡しされている方も、実際には多いのではないでしょうか。

 

【A】供物を贈った場合、香典は渡さなくて大丈夫です

香典・供花・供物…この三つは本来、霊前に捧げる物として、同じ由来を持ちます。生前お世話になった故人への、気持ち・心を表すのにそれぞれ、現金、お花、お供え物として、真心が形を変えた物だとお考え下さい。

供物を贈った場合、香典を渡さない事で、ご遺族の方に失礼に当たるのではないか…と、心配される必要もありません。常識に照らし合わせて、ご遺族の方々も、供物と香典の扱いについては、お分かりになっているものと思って大丈夫です。

ですから、供物を贈った上に、香典を贈ると、志が二重になってしまい、逆にご遺族に無用な気遣いを与えてしまいます。

 

供物と香典を、一緒に贈る場合

上記のように、供物と香典の扱いについて説明して参りましたが、やはり例外はございます。

故人と親しい間柄であったり、身内の方においては、どうしても故人への気持ちを表したい場合に、供物と香典を一緒に贈る事もあります。つまり、何事も気持ちの問題だと、お考え頂ければ良いのではないでしょうか。

 

以上、簡単ではございますが、供物と香典の関係性について説明させて頂きました。
何事も、あらかじめ対応方法を想定しておけば、慌てる必要はありません。


スポンサーリンク


関連記事

【管理人】

葬儀の取り扱いやお世話など30年の経験を持つ夫妻です

身内の葬儀の執り行いや、ご近所のお手伝など30年の経験を持つ夫妻です。主に仏式のお通夜・葬儀(お葬式)で得た知識や情報を広くお伝えしていければと思っております。
ページ上部へ戻る