家族が急に倒れる…。絶対に注意するべき事とは!?

bfdb6d69a52c8a57af81ac146d5539b9_s

家族が急に倒れる。2つのケースを理解しましょう

ご家族が、急に倒れることで、気が動転される事があるかと思います。ご家族が急に倒れる場合、大まかに分けて、2つの場合が考えられるでしょう。

ご家族が自分の目の前で急に倒れる場合を、2つのパターンに分けた後で、A.絶対に注意してほしい事柄B.やるべき事柄、を説明いたしますので、最後までお見逃しのないようお願いします。

 

①家族が急に倒れる。その後でも、本人の意識がある状態だと、明らかに見てとれる場合

急に倒れても意識がある場合は、普通、救急車を呼ぶなどの措置をとられると思います。本人に意識があると、ハッキリと見てとれる場合は、救急車を呼んでも問題ありません。
000769

②家族が急に倒れる。その後で、本人に意識がなく、恐らく死亡していると推定できる場合

この場合は、A.注意して下さい。救急車は呼んではいけません。なぜなら、急に倒れた本人が死亡している場合、救急車を呼んでも、隊員は倒れた家族を搬送してくれないからです。
bfdb6d69a52c8a57af81ac146d5539b9_s
さらに、警察へ連絡が回り、警察の方が自宅へやって来て、何時間も取り調べを受ける事になります。家族の死亡原因に、アナタや他の家族が関わっていないかどうか、警察からウンザリするほど状況を聞かれ、ヘトヘトになった後、ようやく解放される事になるでしょう。

 

家族が急に倒れる。本人に意識がない場合の対処法

家族が急に倒れる。本人に意識がない…②の場合は、

掛かりつけの医師を呼ぶ、…これが正解です。

仮に倒れた本人に意識がない場合でも、救命措置をする事で命が救われる状況なら、医師免許を持った掛かりつけの先生がキチンと対応して下さいます。

そして、倒れた本人が死亡していた場合、掛かりつけの医師は、死亡診断書を書いてくれます。
088510
墓地・埋葬等に関する法律に従って、死亡診断書に書かれた時刻から、24時間後には、故人を火葬する事が可能となります。
それでは次の項で、やるべき事柄をご説明いたします。

 

家族が急に倒れる。死亡の確認後は、粛々と葬儀の段取りを進める

大切な家族が亡くなる事は、本当に耐えがたい苦しみ、悲しみです。気が動転して、心が張り裂けそうになるでしょう。
ですが、時間はありません。B.やるべき事柄として、アナタ自身が喪主となり、またはご家族の中の喪主の方と一緒に、葬儀の段取りを進める必要があります。

●執り行う葬儀の規模
●通夜・葬儀に掛かる総費用

●弔問客を招くのか。招く場合は何人の弔問を見込めるのか

…などなど、通夜~葬儀を執り行う上で、決めなければならない事は山のようにございます。

 

葬儀の段取りを、今すぐにでも決めて進めていく必要のある方へ向けて、当サイトの、「お通夜・葬儀(お葬式)の段取り・当日の流れ 〈其の一〉」の記事をリンクさせておきますので、ご参考にどうぞ。

>> お通夜・葬儀(お葬式)の段取り・当日の流れ 〈其の一〉


スポンサーリンク


関連記事

【管理人】

葬儀の取り扱いやお世話など30年の経験を持つ夫妻です

身内の葬儀の執り行いや、ご近所のお手伝など30年の経験を持つ夫妻です。主に仏式のお通夜・葬儀(お葬式)で得た知識や情報を広くお伝えしていければと思っております。
ページ上部へ戻る