仏壇を置く向きについて知っていますか?重要なことは…

2b9a4d3b6d7fcb11f6ca067c58805184_s

お仏壇を置く向きについて今回は解説したいと思います。

仏壇の向きについて、こう置くべきだ。こっちの方角に向かせるべきだ…

と、皆さまも色んな考えをお持ちかもしれません。

本来は仏壇を安置する際、南向きか、東向きが良いとされてきました。

しかし最近では、現代の住宅事情を考慮して、それほど仏壇の向きにこだわる傾向はなくなっています

また、宗派によっても仏壇を置く際の向きについては、寛容な姿勢を見せるところが多くなっております。

 

当サイトの運営者である私共からも、今回の「仏壇を置く向きについて知っていますか?」の記事をご覧になられた皆さまへ

重要なことをお伝えしたいと存じます。

それは…、仏壇の本来の意味とは、宗派のご本尊を祀り、故人やご先祖様の位牌を置いて、その前で日常の供養をすることなのです。

ですので重要なことは、形式に捉われるのではなく、亡くなられた御霊やご先祖様に対して手を合わせること。礼拝の気持ちを表すことが一番です。

仏壇を置く向きにこだわるよりも、現代の住宅事情に合わせ、より良い場所に仏壇を置くようにしましょう。

その際、風通しの良い場所を選び、直射日光を避けることの方が、何より肝要です。

今回の記事を参考になさって、仏壇を置く向きについて悩んでいた方の心の迷いが、少しでも晴れるのであれば当方も嬉しく思います。


スポンサーリンク


【管理人】

葬儀の取り扱いやお世話など30年の経験を持つ夫妻です

身内の葬儀の執り行いや、ご近所のお手伝など30年の経験を持つ夫妻です。主に仏式のお通夜・葬儀(お葬式)で得た知識や情報を広くお伝えしていければと思っております。
ページ上部へ戻る