靴下の色で注意すべき事は? お通夜・お葬式の服装

出席されるお通夜や葬儀まで時間がないのに、靴下の色について気になる方はいらっしゃいませんか?

お通夜やお葬式は急に執り行われる事も多く、何度出席しても、分からない葬儀のマナーやルールなどは多いものです。

葬儀で履く靴下の色について特集を組みましたので、最後まで読めば、お通夜・葬儀(お葬式)の場で恥をかかない知識が身に付きます。

 

一般の弔問者の靴下の色

・男性:洋装の正式喪服の靴下の色 ⇒ 

・男性:洋装の略式喪服の靴下の色 ⇒ 黒に近い色味の靴下 (ダークグレーや紺色などもOK)

 

※ 解説… 最近では、一般の弔問者もお通夜に出る場合は、喪服を着ることが多くなっていますが、お通夜は地味な色の平服でも構いません。

お通夜に着て行っても良い平服(略式喪服)とは、濃いグレー、紺色などのスーツです。

濃いグレーや紺色スーツに合わせる靴下の色は、黒以外の地味な色の靴下でもOKです。

黒以外の色の靴下を身に付けるのが心配な方は、黒色の靴下を履いて参列すれば良いでしょう。

 

葬儀の席でNGな靴下の色

ボーダー靴下のイラスト

 葬儀の席でNGの靴下の例

・派手な色の靴下
・くるぶし丈以下のアンクルソックス
・ボーダー柄の靴下

 

お通夜に作業着で駆けつける場合の靴下の色は?

職場にいる時に故人の訃報を耳に入れ、作業着などでお通夜に駆けつける方もいらっしゃるかと思います。

その場合、仮に履いている靴下が白や明るい色の靴下であっても、気にされる必要はないというのが当方の考えです。

昔から急なお通夜には、着の身着のままであっても駆けつけるのが礼儀とされてきました。

忙しい最中であっても、故人の弔いの為にわざわざ駆けつけて下さった参列者に感謝することはあっても、服装のあれこれについて悪く言うご遺族はいないでしょう。

 

遺族・近親者の靴下の色は?

今回は、一般の弔問者の靴下の色について説明させて頂きましたが、ご遺族・近親者の場合の靴下の色についても、ここでは触れておきましょう。

ご遺族の方は、正式礼装、もしくは準礼装の喪服を身に付けるのがマナーです。

・男性:洋装の正式礼装・準礼装の靴下の色  どちらも、黒の靴下

 

身内の方の靴下の色については、黒の靴下…と覚えておけば間違いありません。

 

まとめ

・一般の弔問者なら、お通夜の場合の平服に合わせる靴下なら、黒以外の地味な色の靴下でも大丈夫

・心配なら、黒色の靴下を選ぶ

・ご遺族は、黒色の靴下のみ

スポンサーリンク