靴下の色で注意すべき事は? お通夜・葬儀(お葬式)の服装

3426247a4b3070f10c8f974b9ec90279_s

お通夜や葬儀に参列される一般の方(会葬者)で、靴下の色について気になる方はいらっしゃいませんか?

お通夜や葬儀(お葬式)は急に執り行われる事も多く、何度出席しても、分からない葬儀のマナーやルールなどは多いものです。

お通夜・葬儀(お葬式)の場で恥をかかない為にも、今回の記事では葬儀に参列する際に履いていく、靴下の色について特集を組みましたので是非、最後までご覧下さい。

 

会葬者(葬儀に参列される一般の方)の靴下の色

◆男性:洋装の正式喪服の靴下の色 ⇒ 

◆男性:洋装の略式喪服の靴下の色 ⇒ 黒に近い色味の靴下 (ダークグレーや紺色などもOK)

◆女性:洋装の正式喪服の靴下の色 ⇒ 黒のストッキング

◆女性:洋装の略式喪服の靴下の色 ⇒ 普通色のストッキング

 

NGな靴下の色

派手な色の靴下はやはり避けるべきです。
また、くるぶし丈以下のアンクルソックスや、ボーダー柄の靴下も、おごそこなお通夜・葬儀(お葬式)の場にはふさわしい靴下の色・柄とは言えないでしょう。
靴下

お通夜に作業着で駆けつける場合の靴下の色は?

職場にいる時に故人の訃報を耳に入れ、作業着などでお通夜に駆けつける方もいらっしゃるかと思います。
その場合、仮に履いている靴下が白や明るい色の靴下であっても、気にされる必要はないというのが当方の考えです。
昔から急なお通夜には、着の身着のままであっても駆けつけるのが礼儀とされてきました。
忙しい最中であっても、故人の弔いの為にわざわざ駆けつけて下さった参列者に感謝することはあっても、服装のあれこれについて悪く言うご遺族はいないでしょう。

 

遺族・近親者の靴下の色は?

今回は、一般の参列者の靴下の色について説明させて頂きましたが、ご遺族・近親者の場合の靴下の色についても、ここでは触れておきましょう。

 

◆男性:洋装の正式・略式喪服の靴下の色  どちらも、黒の靴下

◆女性:洋装の正式・略式喪服の靴下の色  どちらも、黒のストッキング

身内の方の靴下の色については、黒の靴下・黒のストッキング…と覚えておけば間違いありません。

 

今回の靴下の色についての特集記事を基に、曇りない心でお通夜・葬儀(お葬式)にご参列頂ければ幸いです。


スポンサーリンク


関連記事

【管理人】

葬儀の取り扱いやお世話など30年の経験を持つ夫妻です

身内の葬儀の執り行いや、ご近所のお手伝など30年の経験を持つ夫妻です。主に仏式のお通夜・葬儀(お葬式)で得た知識や情報を広くお伝えしていければと思っております。
ページ上部へ戻る