【 30秒で説明 】お通夜・お葬式の服装でタイツの女性がダメな理由

お通夜・お葬式に出席する場合、タイツを履いたら、黒のストッキングの代わりにならないか? …という疑問・質問をお持ちの方のために、30秒で読み終わる説明をします。

お通夜・お葬式の礼儀作法としての正装

葬儀に出席する際の服装は、男女とも、「正式礼装・準礼装・略装」という形で、何を身に付けるのがふさわしいのか、決まっています。昔からの慣習として決まっているので、慣習に異をとなえてもはじまりません。

タイツがNGなのは慣習で決まっているから

葬儀の目的は、亡くなられた故人の冥福をお祈りすることです。故人の魂を弔う厳粛な場では、皆がルールに則ったふるまいをしなければいけません。
仮に、葬儀を執り行う一族の中で、「寒いから」という理由で、あなただけが黒のストッキングの代わりに、タイツを履いていたら、あなた以外の親族に恥をかかせてしまう事になります。

お通夜・お葬式の服装でタイツを履いたらダメな訳が、「慣習として決まっているから」という納得できない理由だとしても、他に出席される方々の気持ちを考えて、葬儀の場にふさわしい服装を身に付けましょう。

 

お通夜・お葬式の服装。タイツの代わりの対策

お通夜・お葬式の席でタイツを履きたいと考える人は、大きく2つに分けられると思います。
二通りの場合に分けて、対策を考えましたのでご参考になさって下さい。

①単純に今、黒のストッキングを持っていない場合

葬儀の開始時刻まで時間が無いとしても、コンビニで買いましょう。
大手のコンビニなら、黒のストッキングを手頃なお値段で揃えています。

 

②お通夜・お葬式の会場が寒い場合

ひざ下の部分もある程度カバーできる、長めのスカートやワンピースを選びましょう。
ハードルは上がりますがお通夜・お葬式の服装に、「和装」を選ぶのも、寒さ対策の選択肢の一つです。

スポンサーリンク