お通夜・お葬式の服装。子供には何を着せる? 読みやすい解説つき

泣き顔の女の子

葬儀にふさわしい大人の服装は大体わかっているけど、いざお通夜・お葬式に出席する直前になって、一緒に連れて行く子供には何を着せたら良いのだろう?…とお悩みの方はいらっしゃると思います。

葬儀の席で、子供に着せても周りに失礼に当たらない服装について説明しますので、最後までお読み頂ければ、わざわざ子供用の服をお店まで買いに行かなくても、お家のタンスにあるお洋服で済ませられるかもしれません。

 

葬儀の服装。子供が幼稚園の場合

制服を着た幼稚園の女の子

正式礼装は制服

お子さんが通っている幼稚園・保育園で、指定されている制服がある場合は、制服が正式礼装(正式な喪服)となりますので着させましょう。

・制服上下

・靴下は黒か白で、短かすぎないもの

・靴は黒がのぞましいが、無ければ地味な色の靴

※ キャラクターがプリントされた靴などは、間違っても選ばないこと

 

制服が無い場合

・白いシャツ、白のブラウス

・黒、紺、グレー色などのズボンやスカート( 半ズボンもOK )

・ズボンの場合は、黒色のベルト

・靴下は長めの黒か白のソックス

・靴は基本的に黒色。なければ地味な色の靴

※ 全体を地味な色味でまとめること
※ 冬場は、シャツやブラウスの上に、紺や黒など地味な色の子供用のジャケットやカーディガンを羽織らせても大丈夫です

 

小学生がお通夜・お葬式で着る服装

小学生の場合は、上記の、幼稚園児に着せる喪服と考え方は同じです。
やはり、制服が正式礼装となります。

小学生の服装の注意点

子供は年齢が上がるにつれ活動範囲が増え、外で活発的に運動するようになるので、洗濯ずみの白シャツにも、ちょっとした泥よごれやシミなど、残ったままになっているかもしれません。

葬儀場に行ってから気付いては遅いので、子供にシャツを着せる時に、前後のチェックも忘れず済ませておきましょう。

 

中学生の子供が葬儀で着る服装について

制服を着た中学生の女の子

お通夜・お葬式で着用する、中学生の子供の服装は、上記の小学生の服装と基本的には同じですので、ご参考ください。

中学生の服装の注意点

・男の子も女の子も、普段の服装にもファッション性が出てくる年ごろです。女の子のスカート丈が、短すぎないか、親御さんは注意して見てあげて下さい

・子供に限らず大人の場合も、スカート丈の長さは、ひざ下が基本です

・靴は、通学で使っているローファーでもOKですが、子供は靴の汚れを、余り気にしない子が多いので、やはり親御さんがチェックしてあげましょう

・冬場の寒い季節は、黒・紺・グレーなど地味な色のコートなどの着用も大丈夫ですが、葬儀会場へ入る前に、羽織っているコートは脱ぐように、声を掛けてあげて下さい。

 

高校生の子供の喪服は何?

高校生の葬儀の服装も、やはり上記の中学生の場合と同様なので、正式礼装である制服をお持ちの場合は、制服を子供に着用させましょう。

高校生の服装の注意点

・男の子の、腰ばきパンツは要注意です

・制服が無い場合は、白のシャツやブラウスに、グレーや黒のズボンやスカートを合わせますが、カジュアルに寄り過ぎないよう気を付けましょう

・制服が無い場合、冬場は、シャツやブラウスの上には、紺や黒などの地味な色の無地カーディガンや無地セーターを合わせればOKです

・靴下は、黒や白色

・靴の色は、黒色を基調としたもの

 

大学生の子供が着るべき喪服とは?

20歳前後の年齢の大学生ともなれば、就職活動を視野に入れ、スーツを1着持っている学生さんも多いでしょう。
大学生は年齢の上では、周りからは、もはや大人と同様に扱われます。

大学生がお通夜やお葬式で着る服装は、大人の礼装と合わせましょう。

・男性の正式礼装の洋装、準礼装は、ブラックスーツ

・女性の正式礼装の洋装は、黒のアンサンブル

・女性の準礼装は、黒のワンピース、黒のスーツ

 

▼ 大学生が着こなしの手本とする、大人の葬儀の服装は、下記の記事をご参考ください。

葬儀場へ入る前に外す物…教えます!お通夜・お葬式の服装【男性編】

本番の不安を解消する10項目。お通夜・お葬式の服装【女性編】

 

葬儀の子供の服装。靴下の選び方

アンクルソックスを履いた人の写真

・くるぶし丈のアンクルソックスは選んではいけません

・柄モノやライン入り、ボーダーなどの靴下も葬儀ではNG

・高校生までは、無地の黒か、白の靴下が基本です

・大学生以上の男性の喪服には、大人と同様に、黒色の無地の靴下を合わせる

・大学生以上の女性の喪服には、大人と同様に、黒色のストッキングを合わせる

 

子供の喪服に合わせる靴とは?

葬儀の子供の服装には、できる限り、黒の靴を合わせるようにしましょう

シンプルな無地の黒い靴が無い場合、運動靴やスニーカーは、黒色や黒に近い色の物であれば代替品になるかと思いますが、オススメ出来るのは小学生くらいまでです。

中学生以上は、通学に使っているローファーでも良いので、革や合成皮革の黒い靴を選びます。

 

まとめ

・子供に着せる葬儀の服装で迷っている場合、制服があれば正式礼装の喪服となる

・制服が無い場合、白のシャツや白のブラウスに、黒・紺・グレーなど地味な色のズボンやスカートを合わせる

・冬場は、シャツやブラウスの上に、黒・紺色のカーディガンやセーターを着させても良い

・セーター等の上に着る冬場のアウターは、地味な色を選び、葬儀場の受付け前には脱いでおく

スポンサーリンク